乾明神社

御祭神は應壅乾幸護彦(おうよういぬいこうごのみこと)。江戸時代の中頃、この地方の庄屋で、大変信望の厚かった乾市良兵衛という方がおりました。飢饉に苦しむ民に代わり我が身を省みず、命をかけてお上に直訴され、後に代官であった小堀家によって丁重にお祀りされたのがこのお宮です。知恵の神様・学問の神様として崇敬されております。